最新の活動レポートはページ下部にあります。
清掃活動

清掃活動とは


028b
1997年、エベレストに挑戦した野口は、散乱する日本隊のゴミの前でヨーロッパの登山家に「日本は経済は一流だけど、マナーは三流だ」と言われ、非常に憤りを感じたと言います。エベレスト登頂後の記者会見で、野口は4年連続のエベレスト清掃登山を発表。ベースキャンプからデスゾーンと呼ばれる標高8000mでの活動をおこない、4年間の活動で合計7.7トンのごみを回収しました。

また並行して国内では最高峰の富士山でも清掃活動を開始。野口はヒマラヤ遠征中、とある海外の登山家から「日本の富士山は世界一汚い山」との指摘を受け、富士山での不法投棄の調査を開始。「富士山から日本を変える」をスローガンに、NPO法人・富士山クラブの協力のもと一般のボランティア参加者とともに不法投棄されたゴミの回収につとめています。成果としては2004年から2013年の間で参加ボランティア総数54000人、640トンのごみを回収しました。今後も富士山での清掃活動は続いていきます。