最新の活動レポートはページ下部にあります。
谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金:同志社大学体育会山岳部


第1回谷口けい冒険基金の支援対象である同志社大学体育会山岳部がネパールでの遠征から先日帰国しましたので、彼らからの報告を掲載します。詳細レポートは追って掲載予定です。

1507892057920

BCにてポーターの方々と写真撮影

”今回の遠征について報告をさせて頂きます。まず、ラマ峰の許可に関してですが最終的には解禁されませんでした。その主たる理由は、今年の7月にネパールで起こった記録的な豪雨の影響や今年4月に終わるはずだった第1回総選挙が10/13現在もまだ続いていることです。現地のエージェントの方は、今年中に終わるかも怪しい、と仰っていました。最優先課題の選挙のことで政府は手一杯であり、様々な方面からアプローチを試みたものの、我々の解禁活動は失敗に終わってしまいました。カトマンズ帰着後も依然として、許可が出るのがいつになるのか、年単位なのか、十年単位なのか、すらもわからない状況です。しかし、この解禁活動で英文文書での公的機関とのやりとりや、英語での会議など、登山能力とはまた異なった能力も必要でした。苦労しましたが、現地のエージェントの方々含め沢山のご協力をしていただきました。

1507890264232

Schwarze Wand Spitze峰の登頂ルート

次に遠征の成果に関してですが、主に2つあります。第一に、ラマ峰の偵察です。ラマ峰にいつの日か同志社のフラッグがはためく事を夢見て…という隊員一同の強い希望のもと、詳細な情報は公開することは出来ませんが、しかし、満足のいく情報を得ることができたと考えております。
第2に、周辺山域の”Schwarze Wand Spitze峰”の北壁ルート初登攀に成功致しました。テントがすっぽり埋まるほどの降雪と、ギリギリの食料の中を執念で耐え続け、ようやく掴んだ好天に登頂を果たしました。
登頂前夜、固い結束の元このルートが登れたら”One purpose”と名付けようと寝る前に話合いました。

1507892031949

予想以上のラッセル

1507892028239

夕陽

1507892532806

ゾッキョの立派な角

成果としては以上になります。元の目標と違うとはいえ、頂きを踏む事が出来、また隊員全員無事に帰ってこれた事は、皆様の物心両面からのご支援のお陰と考えております。ありがとうございました。”

谷口けい冒険基金

第2回「谷口けい冒険基金」募集中!


谷口けい

第2回谷口けい冒険基金の募集を7月1日に開始しました。

当団体は新規事業として、2015年末に亡くなった世界的な登山家、谷口けいの「若手冒険家を支援したい」という遺志を継ぐため、登山家花谷泰広氏、アドベンチャーレーサー田中正人らと共に「谷口けい冒険基金」を2016年に設立しました。

未知なる大自然に身を置き、限界に向かってチャレンジすることで、新しい自分に出会い、自身を変えていった谷口けい。彼女と同じように、冒険によって人生を前に進めてみたい――。「谷口けい冒険基金」は、最大で一隊30万円の資金をサポートします。

谷口けい

冒険の定義は応募者の考え次第です。山、海、川、平原、極地、森など冒険のフィールドやレベルは問いません。成功と失敗に関わらず、冒険の中で感じたことを、遠征後、社会に発信できる人材を募ります。

皆様の熱意ある計画をお待ちしております!

*第2回谷口けい冒険基金*

支援金額:最大30万円

募集締め切り:8/31

詳細:http://keifund.net/

谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金:同志社大学山岳部レポート3


未踏峰を撮る

そうこうしながらキャラバンを進め、目的の未踏峰へと歩みを進めていった。 そして、無事偵察拠点となるベースにテントを張り、周辺の尾根に登りながらどうにか写真を撮影しようと奮闘する。この未踏峰は、

谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金:同志社大学山岳部レポート2


偵察行出発

5月初旬私たちは、写真を撮るべく勇み足で、極西域のトレッキングへと向かった。

このようなバスに乗り、キャラバン開始の町まで向かう。一番左の窓からのぞいているのが、須見隊員、バスの上に載っているがポーターの人の背負い籠)

キャラバン開始の町までは、ローカルバスに乗って33時間かかる!!

谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金:同志社大学山岳部レポート1


第1回目の谷口けい冒険基金でサポートをしている同志社大学山岳部からのレポートをご紹介します。

初めまして

はじめまして!!同志社大学山岳部です。 今回、第一回谷口けい冒険基金の支援対象としていただき、ありがとうございます。 谷口けいさんには、文部科学省登山研修所の大学生登山リーダー研修会でも、お世話になりました。その分亡くなられたときは、