最新の活動レポートはページ下部にあります。
熊本地震

テント村、撤収


テント村で入居者の方々がとても喜ばれたのは日本セーフティ社の最新式トイレ「ラップポン」です。
NPO法人災害医療ACTからラップポン5基をテント村にご寄附頂きました。「ラップポン」はトイレを使用した後にボタンを押すと

熊本地震

テント、2次活用されています。


閉鎖されたテント村を後に空港に向かう途中、益城町の住宅街にてテント村で使用していたテントとタープを発見。車から降り声をかけました。「余震が続いているし、狭い避難所には….入りたくない。テント生活にも慣れたし、頂いたテントを自宅に持ってきて張っています。自宅は当分ダメだけれど、

熊本地震

テント村、閉村


約一ヶ月半、熊本の益城町にて運営してきましたテント村は5月31日をもって閉鎖となりました。約600人が生活したグランド。
子供たちの笑顔や笑い声に包まれていたテント村はシーンと静まりかえりました。

熊本地震

益城町テント村の報告と 今後の避難所の在り方に関しての提言


熊本地震支援、テント村を行ったことをもとに、今後の避難所のあり方に関して提言書を作成しました。

「野口健 熊本地震支援 
益城町テント村の報告と 今後の避難所の在り方に関しての提言」
2016年5月30日 日本記者クラブ 記者会見資料
・野口健 熊本地震合同支援チーム テントプロジェクト

熊本地震

記者会見を行いました


本日、日本記者クラブにて「益城町テント村の報告と今後の避難所の在り方に関しての提言」をテーマに総社市の