九州北部豪雨支援活動

九州北部豪雨支援1


甚大な被害をもたらしている九州北部豪雨をうけ、当団体は、岡山県総社市(以下、総社市)との災害支援協定に基づき、総社市とNPO法人AMDA(以下、AMDA)の3者で合同支援チームを発足した。なおAMDAの参加は総社市との災害支援協定による。

総社市職員が直接支援物資を届けた

発足直後の7月6日正午、総社市とAMDAは岡山県を出発。当団体職員は6日夕方東京を出発し、福岡空港にて合同チームに合流した。

運び込んだ支援物資の一部

合同チームは19:30に甚大な被害をうけた福岡県朝倉市入りし、朝倉市職員から状況を伺った。また支援物資の第一弾として、飲料水や子供と大人用オムツなどを届けた。

 

募金のお願い

みずほ銀行
市ヶ谷支店
口座番号:普通8035335
口座名:NPO法人ピーク・エイド

ゆうちょ銀行
口座番号:00100-2-777583
加入者名:NPO法人ピーク・エイド

寄付詳細ページはこちら
http://www.peak-aid.or.jp/donation/

 

7月22日開催!!楽しみながら学ぶ「夏の奥多摩トレッキング&SUP」


ツアー紹介

白丸湖でのSUP

NPO法人ピーク・エイドでは、7月22日(土)に御岳山周辺で、少人数の自然観察トレッキング&スタンドアップパドル(SUP)ツアーを開催します!

今回のイベントでは東京都の身近な自然を舞台に遊びながら、身近な自然の素晴らしさをご紹介したいと思います。また、イベントを通して、ピーク・エイドがなぜ森林保全活動を行っているかということを体感していただきたいと思い企画しました。

谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金:同志社大学山岳部レポート3


未踏峰を撮る

そうこうしながらキャラバンを進め、目的の未踏峰へと歩みを進めていった。 そして、無事偵察拠点となるベースにテントを張り、周辺の尾根に登りながらどうにか写真を撮影しようと奮闘する。この未踏峰は、

谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金:同志社大学山岳部レポート2


偵察行出発

5月初旬私たちは、写真を撮るべく勇み足で、極西域のトレッキングへと向かった。

このようなバスに乗り、キャラバン開始の町まで向かう。一番左の窓からのぞいているのが、須見隊員、バスの上に載っているがポーターの人の背負い籠)

キャラバン開始の町までは、ローカルバスに乗って33時間かかる!!

谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金:同志社大学山岳部レポート1


第1回目の谷口けい冒険基金でサポートをしている同志社大学山岳部からのレポートをご紹介します。

初めまして

はじめまして!!同志社大学山岳部です。 今回、第一回谷口けい冒険基金の支援対象としていただき、ありがとうございます。 谷口けいさんには、文部科学省登山研修所の大学生登山リーダー研修会でも、お世話になりました。その分亡くなられたときは、