ヒマラヤ大震災基金

野口から電話連絡がありました(音声あり)


5月12日 M7.3の余震後
現地から音声メッセージです。

ヒマラヤ大震災基金

ヒマラヤ巨大余震の瞬間~最も状況が厳しかったターメ村~


エベレスト街道沿いでもっともダメージが大きかったターメ村での調査中に地震が発生しました。2週間前の地震はグラグラと横揺れでしたが、今回は下から突き上げられたようなショックと共にすでに半壊状態だった家屋が爆音とともに崩壊。砂煙で薄暗くなり、村人の悲鳴と泣き叫ぶ声が響き・・・。

ヒマラヤ大震災基金

ゴーキョ方面の村々の状況


エベレストBC手前のゴラクシップはほぼほぼ無傷。ペリチェは建設中のロッジが半壊。それ以外のロッジもそれぞれ被害を受けていますが、営業中のロッジで全壊はなかった。エベレスト街道の「カラパタール方面」よりも

ヒマラヤ大震災基金

エベレストベースキャンプを目にし、言葉が出なかった。


18人が犠牲となったエベレストのベースキャンプの状況です。この光景にしばし声もでなかった。辺り一面に散乱したテントや食料。表現が適切であるか分かりませんが、