ヒマラヤ大震災基金

ゴーキョ方面の村々の状況


エベレストBC手前のゴラクシップはほぼほぼ無傷。ペリチェは建設中のロッジが半壊。それ以外のロッジもそれぞれ被害を受けていますが、営業中のロッジで全壊はなかった。エベレスト街道の「カラパタール方面」よりも

ヒマラヤ大震災基金

エベレストベースキャンプを目にし、言葉が出なかった。


18人が犠牲となったエベレストのベースキャンプの状況です。この光景にしばし声もでなかった。辺り一面に散乱したテントや食料。表現が適切であるか分かりませんが、

ヒマラヤ大震災基金

タンボチェ、パンボチェ、ロブチェの状況


今日はゴーキョ村に滞在していますが、やっと通信できます。クムジュンからスタートしエベレスト街道をカラパタール方面、ゴーキョピーク方面と歩いています。その村々の状況をご報告致します。詳しくは帰国してから報告書を作成しますので、ここでは写真を中心とします。
まずはタンボチェ村です。

ヒマラヤ大震災基金

野口よりゴーキョ村より電話連絡ありました


野口より、電話連絡がありました。

先ほど、ゴーキョ村に着きました。ロブチェ村からポルチェ村に向かい、ポルチェ村の報告は、家が十数軒ダメになって、そのうちの2軒が全壊でした。ポルチェ村からマッチェルモ、ゴーキョピークサイドに入ってからの方が、被害がとても大きいです。ドーレ村、僕が、震災前に泊まったロッジがありますが、9軒がほぼ全壊に近い状況、