ビュートレイル

第1回富士ビュートレイル 参加者レポート 新郷 幸代さん


第1回富士山ビュートレイル参加者の新郷幸代さん フェイスブックに今回のレポートを書いてくれました。
ご本人の許可をいただきましたので、ここに載せさせてもらいます。ぜひ、ご覧ください。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008921352269&fref=ts

***********
3/22の「富士山ビュートレイル」の前日は、

 

森をつくろう

アンタルケさんのプランテーションセンターを見学


 マナスル峰山麓のサマ村で森林再生プロジェクトを開始しますが、その前にアン・タルケさんが長年続けてこられた現場に案内していただいた。アン・タルケさんはエベレストに人類初登頂されたヒラリーさんが立ち上げた財団のスタッフとして約30年間、ここエベレスト街道にて植林活動を行ってきました。そのタルケさんがサマ村の森林再生プロジェクトの現場監督を引き受けてくださったのだ。タルケさんが行ってきた現場は

森をつくろう

ヒマラヤ サマ村森林再生の打ち合わせをしました


 この春からマナスル山麓のサマ村にて森林生成プロジェクトをスタートしましたが、カトマンズでは現場監督のアン・タルケ・シェルパと打ち合わせを行いました。タルケさんはヒラリー財団のスタッフとして約30年間、クンブ地方(エベレスト地域)にて植林活動を行ってきた大ベテランです。今年からはNPO法人ピークエイドの現地スタッフ、また現場監督としてサマ村に滞在してもらいます。彼ほどの大ベテランが使命感を抱いて頂ければ大きな大きな力となります。アディカリ・ミンマの親戚でもあり、彼の紹介で繋がったご縁ですが、このご縁は間違いなく宝物となるでしょう。ミンマに感謝です。

 3600Mのサマ村はかつて原生林に覆われていたそうです。しかし、木材をチベットに輸出するようになり、原生林は無制限に伐採され、

ビュートレイル

第1回富士山ビュートレイル開催しました。


「第一回・富士山ビュートレイル」開催されました。心配された天候も晴天!参加者、スタッフ総勢35人と一緒に山中周辺の山々を約8時間ものトレッキング。始めての登山という参加者の方々もいらっしゃいましたが、みんなで最後まで歩ききりました!「まるで合宿だ(笑)」という声も上がりましたが、参加者の皆さんの笑顔に企画して本当に良かったと心から感じていました。

ビュートレイル

富士山ビュートレイル 下見に行ってきました


先日、富士山ビュートレイルの下見に行ってきました。曇りのち雨という天候でしたが、それはそれで楽しめました。雪は部分的にちょこっと残っていましたが、軽アイゼンを使う程ではなかったかな。ただ、雪歩きに慣れていない方はあった方がいいでしょうね。当日の雪の状態と参加者の皆さんの様子から判断したいと思います。